CATEGORY

ひろば

ひろば

  • 2022年6月14日

ひろば

 ロシアのウクライナ侵攻は衝撃でした。世界が大きく不安定化するのではないかと心配です。 「世界平和は掃除から」 私たちにできることを続けましょう。 【「清風掃々」第40号】読者の声 〇西尾を美しくする会 飾らない文章で読みやすかった。若者の寄稿は大変 […]

  • 2022年3月11日

ひろば

 コロナ禍の中でも世界や日本は大きく変化しており、当会も対応を迫られています。広報に一層力を入れ、今年は「清風掃々」季刊化(年4回、41頁)と、ホームページリニューアルを行います。 【「清風掃々」第39号】読者の声 〇表紙 写真の鳥居の赤が明るくて、 […]

  • 2021年12月13日

ひろば

コロナ第5波のあとの小康状態ですが、各地でコロナ禍での活動の工夫が出てきています。また、毎月の執行部会、理事会の議論で、会の方向性が見えてきつつあります。 【清風掃々】第38号読者の声 〇学校のトイレ掃除教室・文科省HPに載って弾みがつきます。教育長 […]

  • 2021年12月13日

ひろば

【編集後記】 ▼なかよしの掃除に学ぶ会 自宅に道場をつくってまで、若者と学ぶ羽根さんに驚きました。▼イタリア通信(2) イタリアに掃除道を広める4冊の本。次回はイタリアでの実践例です。▼長野県中学校清掃サミット    オンラインによる学校横断の掃除の […]

  • 2021年8月23日

ひろば

 執行部会と理事会を、ほぼ毎月オンライン開催して約一年。執行部内の方向性を定めたのち、現在は、全国のブロック、さらには百余か所の会との意思疎通に取り組んでいます。 「ひろば」も、読者の皆さまとの対話促進のために、今号は4頁としました。 【清風掃々第3 […]

  • 2021年8月23日

【編集後記】

土曜学習応援団  特異にも見られていた掃除の会が(笑)、文科省のお墨付きを得たことは、意義深いと考えます。 清風掃々ウェブマガジン   当会もデジタル化に舵を切りました。新しい人、若い人への啓発に役立てばと思います。 夢拾い   上野和弘さんが、この […]

  • 2021年8月23日

【追悼】 寺田一清先生

 実践人の家元常務理事で、森信三先生の森教学普及に多大の功績を残された寺田一清先生が、3月31日にお亡くなりになりました。享年94歳。 寺田先生は、本誌「清風掃々」の名付け親です。鍵山相談役にその経緯をお聞きしました。 「寺田先生に命名について電話で […]

  • 2021年4月5日

ひろば

「ちいき通信」によると、コロナ禍で停滞していた活動が、少しずつ戻ってきているようで、これらの便りに励まされます。 【本部も頑張っています】 会の方針(7頁)にある危機感から、昨年半ばから月に一度、執行部会(8名)と理事会(十数名)で、諸問題を議論して […]

  • 2021年4月5日

【編集後記】

新宿渋谷街頭清掃17年前から、あの歌舞伎町の浄化に一役買った「掃除」。この成功で、掃除は海外にまで波及しました。 京都新洗組「若者、よそ者、ばか者が変える」、そして巣立って各地に就職した若者が、そこで活動の核になる、すばらしい取り組みです。 関西・九 […]

  • 2021年2月26日

ひろば

【コロナ禍での掃除活動】 予防対策 日美会では6月にガイドラインを出し、十分な予防対策を行っています。 イベント 関西大会以外中止。 活動再開 5月末の緊急事態宣言解除後、徐々に小人数での街頭清掃などを再開しました。 【読者の方々より】 「清風掃々 […]