CATEGORY

私の掃除履歴書

私の掃除履歴書

  • 2022年9月21日

母と掃除から学んだ生き方

 東大−NTT入社のコースを歩んだ宮之本伸さん(57)は、50歳で郷里の民間企業に転職し、2年前に松本市副市長に転身しました。母や掃除に学んだ謙虚な生き方と多彩な人生経験をもとに、世の中へ恩返ししたいと思う宮之本さんに聞きました。  私は、1965年 […]

  • 2022年3月11日

私の掃除履歴書

園児に託す掃除のこころ 社会福祉法人「いずみ」理事長 中村 秀信  横浜市の中村秀信さん(68)は毎日1~2時間、保育園内外を掃除します。自分で学費を稼いで高校・大学を卒業し、就職した会社では社長・会長になりました。2017年社会福祉法人の理事長とな […]

  • 2021年12月13日

私の掃除履歴書

「きれい好き」が人生を変えた(2) 多賀城掃除に学ぶ会 小畑 貞雄 2011・3・11 東日本大震災 私は当時、東北電力の送迎バスの運転手をしており、発電所の緊急避難所に逃れて、九死に一生を得ました。そこから、津波で愛車が流されるのを見ました。その後 […]

  • 2021年8月23日

「きれい好き」が
 人生を変えた(1)

多賀城掃除に学ぶ会 小畑 貞雄  私は、何をしても人より劣る人生を送ってきました。吃音がひどく、体が小さくて弱く…。しかし、「きれい好き」だけが取り柄だった私は、39歳の時に掃除に出逢って、人生が根底から変わりました。 私の略歴  私は1956年(昭 […]

  • 2021年4月5日

掃除でみんなを幸せに

京都掃除に学ぶ会 福井三千子 怨霊疫病退散神社の掃除 京都御所の北約1㎞、「応仁の乱」発端の場として知られる上御霊(かみごりょう)神社がある。早朝鳥居横のトイレを掃除する女性がいた。福井三千子さんと岩﨑典子さんである。便器をていねいに拭き上げ、福井さ […]

  • 2021年2月26日

駅前ひとり掃除は
人生百年時代のライフワーク

大阪府 山本 健治 2020年(令和2)8月10日午前7時半、新大阪駅東口を降りると、既に気温は30度を超えていた。蝉しぐれの中、ゴミ拾いをする男性がいた。山本健治、通称ヤマケンさん、76歳。ここでの清掃は26年目の夏となるそうだ。 新大阪駅東側は事 […]